銀座店ブログ

2013年10月 1日 火曜日

お水について 銀座 ロータス ブログ

最近お客様ですごく痩せて綺麗になった方がいて、聞いてみたら1日2リットル以上の水を飲んでいたそうです。

そこで調べてみました。

■必要な水分量
必要な水分量は、実は日によって違ってきます。気温が高い日や運動した日はその分、水分が必要になります。また塩分やアルコールを摂ると、排泄させるために水が必要になります。つまり基本はのどが渇いたときに飲むのがいいとのこと。人間にはのどの渇きという素晴らしいセンサーがあるのです。ただ高齢になるとのどが渇いたという感覚が弱くなるので、意識して飲んだほうがいいそうです。

■水分量の目安
平均で1日2.5リットル程度の水分が必要といわれますが、食事や体で作られる代謝水などもあります。飲料で摂るのは1~1.5リットルが目安です。水分量がが適正かどうかは、尿の量でチェックしてみましょう。1日の平均尿量も平均1~1.5リットル、分かりやすく考えると1日6~8回、1回200mリットル程度です。回数が少なく尿の色が濃ければ脱水気味、薄い尿が頻繁に出るときは水分の摂りすぎが考えられそうです。

■正しい水分摂取
水の温度は5~15度くらいが腸で吸収されやすいといわれます。冷たいものはつい飲みすぎになりますし、体を冷やすので控えましょう。また一度に大量に飲むと、胃液が薄まって胃の働きが悪くなってしまうので逆効果です。一度に飲む量はコップ1杯程度にしましょう。

■水と肌について
美肌には肌の代謝がスムーズに行われていることが大切ですが、これには血行や成長ホルモンが関係しています。水をたくさん飲めば、その分代謝がよくなることはないようです。また水を飲んで汗を出せば毛穴の掃除になるのでは、と思いがちですよね。でも毛穴は皮脂線。汗を出す汗腺とは別物です。

体の60%は水でできているといわれるくらい、水は生きていくうえで欠かせないものです。でもたくさん飲めばいいというものでもないようですね。毎日の水分摂取量は適量か、たまには振り返ってみてはいかがでしょうか。



小川










投稿者 株式会社Dream Maker