川崎店ブログ

2013年11月20日 水曜日

川崎美容室ロータスブログ HAIR Q&A

Q:赤っぽい色に染めたいのですが、「あまり似合わないのでやめたほうがいい」と言われたことがあります。諦めたほうがよいのでしょうか?

A:"似合う色"というのは、とても簡単にいうと、その人の瞳の色や肌の色などを元に見つけていきます。生まれ持った個性によって、似合う色、似合わない色というのは確かにあります。

でも、せっかくカラーリングをするのに、好きな色や流行の色をあきらめなければならない、ということにはなりません。

たとえば一言で「赤」といっても、原色の赤、黒っぽい赤、ワイン系の赤、青みの強い赤、オレンジっぽい赤・・・と無数の「赤」があります。
赤に染めて似合わなかったのであれば、似合わないタイプの赤で染めたのであって、「絶対に赤が似合わない」ということにはなりません。
似合う赤も必ずありますので、担当美容師に相談して、自分にぴったりの赤を探してもらうとよいでしょう。もちろん他の色でも同じことです

投稿者 株式会社Dream Maker